2011年07月17日

家づくりの本質

こんにちは、宮地です。


今年は猛暑ではなく、酷暑のようです。

酷暑って・・聞いただけで汗がでますね。


先日浜松市東区積志町のS様お引渡しでした。

S様、ご新居の完成おめでとうございます。


S様は、昨年当社のモデルハウスをご覧いただき中古住宅リノベーションの計画をスタートされましたが、今回は中古住宅の購入から、新築同様の住宅性能へのリノベーション工事までをお手伝いさせていただきました。


またこちらの中古住宅は、以前私がリフォームをさせていただいた浜松市北区のA様が売主様でした。とても大きなご縁を感じました。

まだまだ静岡県西部では、住宅の流通が盛んではないですが、今後住まい方の変化により増加してくると思われます。


先日の当社の総会で、アビリティトレーニング代表の木下晴弘様に講演いただきました。

木下様は、もともと塾の講師をされていたので、講演の内容も子供の教育がテーマでしたが、その中で、「何で子供に勉強して欲しいのか?」という問いかけがありました。

子供を塾へ入れる親の心境としては、当然勉強していい学校へ入って欲しいとか、将来いい会社へ入って欲しい、とかですね。

私も今度長男を塾へ入れますが、同じ心境です。

ただ木下先生は、「なぜいい学校へ入って欲しいのか、なぜいい会社へ入って欲しいのか」と、本質的な部分まで考える必要性を話されていました。

本質的な親の願いはひとつですね。

「子供に幸せになって欲しいから」です。

幸せとは、ある程度お金があって、世の中の役に立ち人から慕われて、人から感謝されて・・など、いろいろでてきますが、

最終的には、健康で、愛する人に囲まれて、笑顔の溢れる人生を送って欲しいという願いです。

このお話を聞いたとき、我々アイジースタイルハウスの家づくりも同じだと思いました。

アイジースタイルハウスのお客様には、

「永く安全に快適な生活を、健康でご家族の皆様に豊かな暮らしを提供したい」

そのための家づくりを、我々はお手伝いさせていただいております。


世の中には様々な家づくりがありますが、ただ家を取得しただけでは、ご家族様の豊かな暮らしは実現できません。

私は長くリフォーム担当をしていたので、新築後の不満や悩みを数多くお客様から聞いてきました。

時には築2年の住宅のリフォームもしました。

人生で最大の買い物と言われる住宅を、たった2年でリフォームしなければならないことに憤りを感じ、建築した会社には2度と家づくりに携わらないで欲しいと思いました。


我々アイジースタイルハウスは、新築とリフォームのノウハウを持つことで、お客様にとってベストな家づくりを提供していきたいと思っています。

ちょっと酷暑のせいか、熱く書いてしまいました・・・。



そんな私もお陰様でひとつ歳を重ねることができました。

いくつになったのでしょう・・。38歳です。

これまで何ひとつ大病もせず、健康で来られたこと、健康に産んでくれた親に感謝です。

こちらは次男と娘からのプレゼントです。

IMG_0564.jpg


長男は、少ない小遣いの中から靴下を買ってくれました。

もちろん奥様からも。感謝です。


posted by 豊橋SRスタッフ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。